【突発で】2018年5月 韓国旅行 part4【釜山】

公開日: 


title part4
現在住んでいるところが工事をすることになりその間に突発で旅行に行くことになったゴク(@gokushitekiblog)です。初日を無駄にして迎えた釜山2日目。日中は釜山駅周辺をブラブラし、ホテルに帰ってきてビールとチキンで完全に出来上がってしまいそのままひと眠りすることに・・・ 2018年5月韓国旅行 part3 の続きです。




前日に続いて本日も・・・

さて本題と言うことで2日目にしてやっとポーカーです。と、言っても釜山駅方面から帰ってきてから爆睡してしまい、またしても時刻は23:30過ぎていてもう少しで日付が変わろうという時間帯。






やってもうた・・・







日中無駄に歩き回った分の疲労が蓄積してたんでしょうか??


ポーカーテーブルが稼働し始める20時前には起きるつもりだったのですが普通に寝てしまっていました。ま、カジノまで徒歩2分なのですぐ到着できるんですけどね(これが釜山最大のメリット)


軽くシャワーを浴びてから出発。
海がすぐ目の前なので夜は流石にヒンヤリしていました。あと風が結構強かったです。




IMG_20180525_021446
昨日は深夜2時にカジノに行ってポーカーテーブル稼働なしのクローズで昼間も当然クローズということで正直状況が全くつかめていない状態での突撃になるのでかなり緊張していました。


カジノについて中に入ってみると金曜の夜と言うことで昨日よりは人が多くいる感じでした。1階の奥まった場所にあるポーカーテーブルのところに行ってみると・・・






1テーブル稼働w







しかし、満席!!









くそっ、出遅れた!!(寝てたからだろw)









金曜日の23:50というタイミングで1テーブル稼働の9人満席。一応レートも確認すると1/2とのこと


1テーブルだけかいと思いつつウェイティングに名前を入れてもらってカジノフロア内を散策することにしました。




paradise casino
見た感じやっぱり中国人観光客が一番多いのですが結構欧米人も多く白人・黒人・ヒスパニックなどソウルのウォーカーヒルよりもバラエティーに富んだ人種構成になっていました。


これはカジノだけではなく海雲台エリア一帯についても言えることですが今回の旅ではとにかく外国人を多く見かけました。


昨年12月のソウルの時以上に外国人、特に欧米人が多かったです。ソウルに行ったと言っても気温-12℃の極寒の中、ほとんどろくに観光せずにカジノとホテルの往復だったというせいも有るのでしょうが、街中だったり地下鉄の中だったりバスの中などで多くの外国人に遭遇しました。


例えるなら海雲台一帯が巨大な夜の六本木とでも言えばいいのでしょうか。
海雲台エリアは昼でも夜でも夜の六本木並かそれ以上に外国人が多い場所でした。




話が大きくそれましたが30分ほどのウェイティングのあと席が空きやっとポーカーテーブルに着席することができました。




釜山2日目にしてやっと念願のテキサスホールデム

金曜のという日付変わって翌土曜の0:00amという時間に行って1/2が1テーブル稼働の満席でした。30分くらい待たされてから席が空きプレーし始めました。

1/2ですがストラドル連発だったウォーカーヒルでの教訓を踏まえて$300(約3万円)で入りましたが一度もストラドルに遭遇せず・・・






???







ストラドルの無しなのか??(未確認)







テーブル自体はディープでしたがウォーカーヒル程でもなく1番多くても$1000前後で平均は$500前後でしょうか??
あくまで目視確認のみですが大体そんな感じ。


なのでストラドルが無い、もしくはほとんどストラドルが入らないのであれば$200~$300くらいのバイインでスタートして大丈夫っぽい感じだと思います。
プリフロでついてくる人数はウォーカーヒル同様多いですがフロップ以降はそこまでついてくる事もなくそれなりにベットやレイズは尊重されます。この点はウォーカーヒルよりはタイトなテーブルだなという印象です。


ただやっぱり基本ディープなので最後まで打ち合いになればペロッと$300位は簡単に持っていかれます・・・




プレーしているメンバーは白人と英語を喋るアジア系で白人比率多め、ウォーカーヒルと違いビリピリしている感じも無くも雰囲気は和やかな感じで笑い声が絶えないテープルでした。なのでプレーしやすいと思います。ウォーカーヒルはなんかギスギスしていてまさに「賭場」って感じでビビりまくってたのですが釜山はいい感じで楽しかったです。






この日の日本人は自分のみ(多分)





白人連中は蔚山ベースとかなんとか言っていたので米軍の人かな??
ドイツ人も1人いました。




poker2
アジア系もネイティブ英語だったので欧米人プレイヤーのテーブルにど素人エンジョイ勢の自分が1人という構図でした\(^o^)/




で、結果はどうだったのかというと・・・

釜山2日目にしてやっとポーカーテーブルに座ることができプレー開始から1時間30分が経過。自分はチップをちょっと減らして$250。
ミドルポジションでAQsが入りました。



$1/$2

自分の前に4人くらいコーラーがいたので$15をベット。2人付いてきて3人でフロップ。

フロップ  7 A 9 レインボー

チェックで回ってきて自分 ポットの半分bet 一人がオールイン。1人フォールド。その時点で自分のスタックが$160くらいで相手は自分よりチップ量多くて完全にカバーされている状況。






セットか??







と思いつつも自分トップヒットAでバックドアフラッシュドローだったのでオールイン要求にコール。






相手58o ターンで6が落ちてスレート完成で自分の負け。







58oで$400超のオールインするか普通??
しかもノーヒットでボードにA落ちてる状況でだぞ・・・







ペロッと$300やられて逃げるようにカジノを後にしました・・・(涙目)




Paradise Casino Busan のポーカールームについて

時間も時間だったのでこの日は追撃することも無くおとなしく退散・・・


IMG_20180526_022903
IMG_20180526_022930
カジノの裏側はすぐ海というロケーションなので
深夜の海に向かって「クソがぁあああああ!!」と叫ぶことも可能です(通報されたら自己責任)




paradice casino busan poker
さて釜山での初めてのポーカーは散々な結果になりましたがここで Paradise Casino Busan のポーカールームについての状況や感想などを書いておきたいと思います。




map2
まずロケーションですね。
日本からだとソウルよりも釜山のほうが近いということで単純にフライト時間が短いという点と航空券も若干ソウルよりも安く設定されています。また今回は東横インに泊まりましたがソウルにある東横インに比べてこちらも若干宿泊料が安く設定されていました。
もちろん Paradise Hotel もあるのでお金持ちの方は迷わずそちらに泊まってくださいw(その Paradise Hotel 自体もソウルや仁川より割安)


宿泊先のホテルからカジノまで徒歩2分、テーブルの雰囲気が凄く良い、海が近いなどなどポーカーする環境としては最高なのですがいかんせん人が居ないのとオープンが18:00pmから(実際は20:00pm位まで人が集まらず)という点がネックです。


自分も初日の木曜日深夜2時に行ったらクローズしていたので週末くらいしか現状人が集まらない状況のようで・・・


テーブルの稼働状況についても現時点では1テーブル稼働している状況しか見て無いので何とも言えませんが1テーブルのみの稼働が常態化しているようだと移動などもできないため同卓しているメンバーによっては少々厳しい状況になるかなと思います。




floor公式ホームページのフロアガイドにはテキサスホールデムのテーブルは2台のみ記載されているので現状では最大でも2テーブルの可能性が大です・・・






ざっくりした所感ですが今後に期待ですね。








つづく

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

【名前】 ゴク
極私的blog 
管理人のゴク(@gokushitekiblog)です。
日常や海外旅行など独自の視点で思ったこと
・感じたこと・考えたことなどを気が向くままに更新しています。






PAGE TOP ↑