【突発で】2018年5月 韓国旅行 part5【釜山】

公開日: 


title part5
現在住んでいるところが工事をすることになりその間に突発で旅行に行くことになったゴク(@gokushitekiblog)です。釜山2日目にしてやっとポーカーテーブルに座れたものの1時間30分でペロッと3万円ヤラれてしまい・・・
2018年5月韓国旅行 part4 の続きです。




釜山3日目

 

IMG_20180526_104342

昨日の3万円負けを引きずりつつ・・・
朝から海辺でブログを書くこと2時間

もうすぐ正午というタイミングで流石に暑くなってきてさすがにギブアップ・・・

 

IMG_20180526_120911

そういえばまだ Paradise Casino Busan のメンバーズカードを作って無いと思い出しカジノへ。

 

 

 

IMG_20180526_131605

入り口で日本語喋れるお姉さんに対応してもらい無事 Paradise Casino Busanメンバーズカードをゲットしました。

それからもうひとつ、仁川の Paradise City とソウルのウォーカーヒルでは貰えなかったフリーチップクーポンをいただきました。

 

IMG_20180526_131854

現金40,000₩とこのクーポンを出すと10,000₩を追加してもらえるとの事なんですがポーカーでは使えず・・・

まあ貰えるものは貰っとこうということでありがたく頂戴しときました。

Paradise Cityウォーカーヒルでは一切クーポンの類は貰えなかったので・・・(恨み節)




マシンルーレットとスロットで散財・・・

そのまま帰っても良かったのですが土曜お昼の様子はどうなってるのかと思いカジノ内へ。

やっぱり空いていました。ガラガラってほどじゃないけどウォーカーヒルよりは全然人がいない感じでしょうか。カジノ自体の規模が小さいということもあるんでしょうが、いまいち賑わってる感が無いなと。

当然ポーカーテーブルはクローズ。

前回ウォーカーヒルに行ったときは土曜の昼で4テーブルくらい稼働していたのを考えると・・・

釜山の場合は人が集まる集まらない以前にポーカールームの営業自体が18時からなので致し方ないのですが。

現状ではどうしようも無いですね。

 

 

ETG
slot
で、やめときゃいいのにマシンルーレットスロットに1時間ほど座ってサクっと130,000₩ほどマイナスに・・・






もう二度とやらんぞ!!







card
本日の戦利品
Paradise Casino Busan のメンバーズカードとトランプ&ダイス(これで3つ目・・・)

価格 約13,000円




高い買い物になりました・・・


※本来メンバーズカードは無料で作成出来ます。良い子の皆さんは真似しないようにしましょう




東横インなので大丈夫だと思ったんだけど・・・

ホテルに戻ると幸いにも掃除が終了しておりそそくさと部屋の中へ。ブログの下書きの続きを書いたりなんやかんやと過ごしていたのですがふとした瞬間にトイレを覗いたらなにやら異変が・・・

 

 

便器の底のほうに紙が残っているというか流れ切っていないというかなんかそんな状態で、なんで流れないんだろうということで水を流したところやっぱり流れず底のほうに残っている紙・・・

 

 

そして若干の水位上昇

 

 

嫌な予感がしたのですが尚も数回水を流し続けた結果・・・

 

 

ホテルの部屋のトイレを詰まらせてしまいました\(^o^)/

 

 

韓国ではトイレに紙を流せないらしい(どこの後進国だよwww)ということは事前知識として知っていたのですが、東横インだし大丈夫だろうと日本と同じ感覚で「普通に」トイレを使用していたのですが宿泊3日目の午後3時というタイミングでその時は訪れました。

幸い水の濁りなどもなく「身」が逆流している様子もなく、単純に紙が流れなくなっている状態で水位上昇がみられるという状況。
でも確実にあと1~2回流すと便器からオーバーフローするという危険な状態だったのでフロントに電話。

清掃係の人がいわゆる「スッポン」をもって登場し復旧作業中に韓国語で「紙を流すのダメ!!ゴミ箱に!!」的なことを言われ軽く怒られましたw

 

 

 

IMG_20180526_153021

 

てか流せないなら流せないとちゃんと最初に説明しといてよ・・・




2度あることはなんとやら・・・

で、肝心のポーカーですが本日もしっかり寝坊して起きたらまたしても23時を回ろうかというタイミング。
またやってしまった・・・(3回目)

 

 

IMG_20180525_021446

急いで支度してカジノへ。

土曜日の23時過ぎというタイミングで1テーブル稼働の満席。








くそっ出遅れた!!(自業自得)









ということで取り敢えずウエイティングに名前を載せてもらうことに。
昨日も同じ時間に来ていたのでどうやら名前を覚えられたらしくこちらから告げる前にリストに名前を入れてもらえました。


しばらくは空かないだろうということでカジノ内を散策することにしました。さすがに土曜の夜ということもあって結構お客さんはいたと思います。基本的には中国人観光客が多いのでバカラとかブラックジャック、ルーレットのテーブルなどは彼らのテリトリーになっていましたねw
あとここ釜山の Paradise Casino は3階建てになっており2階と3階がいわゆるVIP用のテーブルになっているみたいなんですが土曜の夜ということで2階と3階のフロアーにあるテーブルも稼働していました。
ポーカーテーブルに関しても自分以外に3,4人ほどウエイティングリストに名前が載っていたのでもう1テーブル開けて2テーブル稼働してもよさそうな感じだったんですが・・・






そのような気配は一切なし・・・







土曜の夜というピークタイムですら1テーブルのみで押し通すみたいです。

本日も30分程度で座れるだろうとおもっていたのですが今回は1時間以上経ってからようやくご案内。

日付変わって日曜の0:40頃にようやくプレー開始することが出来ました。




なにやら前日と様子が違うような・・・

前日と同様に欧米人主体のテーブルなんですが本日は日本人が2名いました。自分も併せて日本人が3名。30分ほどプレーした頃に新たにもう1人加わって9人中4人が日本人という時間帯がありました。


あんまりネットでここ Paradise Casino Busan のポーカールームについての情報って特に日本語ではほとんど見かけない現状ですが知ってる人は知ってるんですねw
人見知りの自分は当然声をかける訳でも無く、アクション全般は全部英語なので日本人ってバレてなかったですよね??w

日本人の多さはともかく昨日と明らかに違うのがスタック量の多さ。平均$1,000は超えていたのではないでしょうか??本日は一転してディープなテーブルになっていました。そしてなにより本日は普通にストラドル入っていました。

 

straddle

ええ、普通にUTGストラドル・BTNストラドルともに入っていました。

ウォーカーヒル同様にここ釜山もストラドル有りのルールのようです。
昨日1時間半座っていて一度も遭遇しなかったのはある意味奇跡だったのか??

ストラドル有りという事実に気づくまで15分ほどかかり、すでに$300で席についている状態ですべてが後の祭り・・・

超ディープでかつストラドル有りのけっこうアグレッションが高いテーブルということで昨日とは全然別物のテーブルになっており、1日でこうもガラッと変わるのかとこの時初めて同卓するメンバーによってテーブルの風景が変わるというよく言われるセリフの意味を理解しました。

 

【本日のテーブルトーク】 ドイツと言えば○○ー○○○○

$300で入ってしまったということもありこの時点で若干気後れするも昨日サクッと$300ヤラれているだけに慎重にプレーを進め、$10でも$20でもいいのでとりあえずプラスにして終えたいという気持ちでいました。
1時間が経過しチップ量は若干減った程度。白人プレーヤー同士が何やら話し込んでおりその内容がちょっと面白かったのでここで紹介しようと思います。

 

american2

一人は英語圏の白人プレーヤー ジョン(仮名)
すでに彼の前には2つのビールグラスがあり、1度に必ず2つずつビールをオーダーしているようですでに完全に出来上がっている状態。かといって泥酔している感じでもなく陽気な感じの良い酔っ払い。30代後半か40代くらい

 

 

German

もう一人はドイツ人の白人プレーヤー ミヒャエル(仮名)
普通に英語話しているので一見英語圏の人に見えるがたまに単語の端々からドイツ語訛りが顔を出す。昨日いたドイツ人なのかは不明。 40代後半から50代の品のよいオジサン。

ビールで出来上がっているアメリカ人(なのか?)とそれを相手にしているドイツ人がポーカー打ちながら仲良く英語で談笑していて・・・




ジョン
 そういえばドイツにも世界的なバンドっているよね??


ミヒャエル
そうなんだよ、ドイツは結構いいアーティストが多くいるんだよ


 

ジョン
 ドイツといえばやっぱりスコーピオンズだよな


 

 

 

Scorpions

スコーピオンズってwwwwwwwwwww
 いつの時代のバンドだよwwwwwwwww







ミヒャエル
(苦笑しながら)そ、そうだねスコーピオンズはアメリカやイギリスでも有名だよね・・・
でも、それ以外にもいろいろなアーティストがいるんだよ。


 

 

ジョン
 スコーピオンズは世界的にも有名だよね 英語で歌ってたしドイツのバンドといえばスコーピオンズだよなw


ミヒャエル
(失笑しながら)そ、そうだね・・・ ほ、ほかにも有名なバンドがあって・・・


 

 

 

ジョン
 スコーピオンズ最高www


ミヒャエル
苦笑い・・・


 

 

自分はロゼッタストーン 英語(アメリカ)の基礎編を全部やった程度の英語力なので細かい部分はよくわかりませんがまあ話の大筋はこんな感じだったと思います。






もうね、笑いをこらえるのに必死でしたww


てかドイツのバンドといえばスコーピオンズってw







今2018年だぞ??
スコーピオンズのほかにもいるだろドイツ出身のバンドやアーティストってw

ミヒャエルのほうも英語圏の人間からドイツの有名なバンドといえばスコーピオンズっていう反応を散々これまでされてきた上でまたここでもかよ・・・的な感じで苦笑しながらもなんとか場の雰囲気を壊さない感じで会話を継続させようとしているのが手に取るようにこちらにも伝わってきてその涙ぐましい様子にもうね・・・

自分は吹き出しそうになるのをこらえるのが精一杯でしたwww

そのあとミヒャエルが最近のドイツ出身のアーティスト名を挙げてジョンも知っていたらしく○○(アーティスト名)も英語で歌えるからアメリカでもヒットするよね的な感じで話は盛り上がってましたが英語圏の人間がドイツのバンドといって一番最初に思いつくものはスコーピオンズらしいですw

 

 

てかジョンは絶対メタラーだろwwwwwwww


2時間の壁

これまで自分が実際のカジノでキャッシュゲームやったのって去年12月のウォーカーヒルの時の2回と昨日。
そして本日、今自分がプレーしているこのテーブルの合わせて4回。
まだまだ始めたばかりの駆け出しの状態なのでちゃんと記録を残しているわけですが

 

去年のウォーカーヒル
1回目 +$37  1時間
2回目 -$200 2時間

今回の釜山
昨日 -$300  1時間26分

 

 

ええ、2時間以上プレーしたことがないんですよ・・・

正確には2時間以上生き残れたことが無いと言ったほうがいいでしょうか??
$5チップの扱い方に戸惑い、チップ周りでモタモタするにわかエンジョイ勢なんて実際そんなもんですよ・・・

現状はプレー開始後、1時間30分あたりからが「魔の時間」なんですよね自分的に。
毎回毎回この「魔の時間」にクリティカルな出来事が起こって2時間の壁を越えられずにいます・・・

本日は珍しくプレー開始から1時間30分経過した段階でちょいプラスで推移しており、今日こそは2時間の壁を突破か??と思っていた矢先に自分BTNでQQが入りました。

 

1/2 NLH

UTGストラドルが入って$5で回って何人かコールして自分のアクション。QQ なので当然レイズ、$20くらい打ったと思います。UTGがコールしてのこり全員フォールド、2人でフロップ。

フロップ 9d J 5d

相手 $20bet  自分 60bet  相手 コール

ターン  3     相手 チェック  自分 60bet  相手 オールイン

 

 

 

 

ここでオールイン??

 

 

相手のスタックは自分と同じか少し多いくらいで多分$400はなかった程度だったと思います。
さすがにオールインが入るとは思ってなかったのでセットか??などと思うもこっちQQだし結構コミットしちゃってるし・・・

 

 

自分 オールイン・コール

自分 QQ  相手 6d2d

相手フラッシュドローで突っ込んできたようで・・・
今日は絶対に負けられない!!ということで自分は超絶ロックなガチガチのハンドレンジでプレーしており、ターンもしくはリバーでがっつり打たれて降ろされるという場面がここまで何度もありました。

フラッシュドローということもあるんでしょうが、オールインしたら降りると思われていたのかもしれません。

 

 

qq

ふ、甘いなw
今回はQQだからな絶対に下りないぞww







ということで勝ちを確信していたのですが・・・

 

 

 

リバーでダイヤが落ちて自分の負け・・・


 

 

プレイ開始から1時間56分で-$300

 

 

恐るべし2時間の壁

 

 

時刻は午前3時30分を過ぎようかという頃、釜山最後の夜にまたしても-$300






金額以上に気持ちを折られてしまい戦意喪失・・・
カジノを後にしました。






つづく

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

【名前】 ゴク
極私的blog 
管理人のゴク(@gokushitekiblog)です。
日常や海外旅行など独自の視点で思ったこと
・感じたこと・考えたことなどを気が向くままに更新しています。






PAGE TOP ↑