2019年5月 ニューヨーク旅行 part6

公開日: 



title6

ニュージャージー州・アトランティクシティにあるボルガータカジノのポーカールームに来ている ゴク(@gokushitekiblogです。ここまでいろいろありましたがようやくポーカーということで予想していたよりもはるかに規模の大きなカジノとポーカールームを目にして悶絶寸前。ポーカーの本場アメリカでど素人エンジョイ勢がどこまでやれるのか??

2019年5月 ニューヨーク旅行 part5 のつづきです。




初アメリカ 初アトランティックシティ 初ボルガータ

メンバーズカードも作ったので満を持してポーカールームに入場しました。

入口からすでに圧巻の光景が広がっていた訳ですがポーカールームがデカすぎる為フロアマネージャーらしき人物がインカムとフロアマイクを持ってウェイティング待ちの名前を引っきり無しに連呼しており中々盛況のようでした。

アメリカのポーカールームって現在稼働しているテーブル数とかゲームの種類とかをリアルタイムで見られるアプリがあるのですが来る前に確認したら15テーブル立っていました。そんな感じだったのでウエイティング無しで行けるかなと期待しつつフロアマネージャーに 1/2NLH please と声を掛けたら即ご案内。1/2 NLHはMin$100 Max$300とのこと






ほ、ほうw

MAX $300 なのか



予想外にMAXの額が小さかったのに驚きましたがこれは逆に好都合です。


20:50 着席
いやぁ~ここに辿りつくまで長かったですがやっと座れました。


海外ポーカー初めて2年







ポーカーの本場アメリカでプレイする







やっと夢にまで見た瞬間が訪れ感無量。




MAX $300 なので韓国の様な資金力勝負の泥仕合にはならないでしょうw
当然MAXの$300で入りますということで現金$300をテーブルに置くと両隣&真向かいのプレイヤーから一斉に No!No! No! と強烈なダメ出しを喰らいました。


一瞬 ??? となったのですが特に自分に落ち度は見当たらないので無視してディーラーに $300 please と言うとディーラーも同じく No! No! No! と言って皆が一斉にキャッシャーの方を指さしました。


ゴク
What’s? I Don’t Know.





と言うとキャッシャーでチップを換えて来いと言われました。
どうやら新しくテーブルに座る際は自分でキャッシャーに行きチップを購入してこないといけないルールの様です。韓国では着席して現金出せばチップが出てきたのでそういうもんだろうとばかり思ってたのですがここボルガータでは違ったようです。ようやく理解しキャッシャーへ。




IMG_20190521_205552
$300をチップに替えて再度着席。
今度はもう大丈夫だろうということで気を取り直してポーカーを打とうとしていたところでディーラーが自分に対して何かを要求。何言っているのか分からなかったので What’s? と聞き返したらまた周りのプレイヤーが口をそろえて Blue one! Blue one! と口撃してきてパニックになってしまいました。


再度 What’s と聞き返すとカードを出せということでようやく理解。Blue one ってさっき作ったメンバーズカードのことだったようでディーラーに渡すとテーブルに備え付けてあったリーダーみたいなのに通して返ってきました。


着席から5分くらいの出来ごとだったんですが白人しか居ないテーブルで完全にパニックになってしましました。そのあと周りのプレイヤーに


ゴク
 sorry, I’m visit here. Fast time. 





と言ったらゴクが観光客であるという事をようやく理解してくれたようで OK, OK, No problem. You are welcome. と言ってもらえてやっと自分に対する口撃もやみましたが


何も説明なり弁明なりをしないとシステムを分かってる体というか英語が話せる前提、そもそも外国人じゃ無くてアメリカ人であるという前提で対応される


場面ってのが今回ほんと多くて大変でした。


そんな状態で始まったので最初の20分くらいは気持ちを落ち着かせるのに精いっぱいでプレイどころのではありませんでした。


今まで韓国のカジノでしがポーカーしたことないので比較対象が韓国のカジノになってしましますが、






ゲームの進行速度が2倍くらい早い!!







まず一番に感じたのがこれでした。


初日は分からなかったのですがどうやら2デッキ使っておりテーブルに埋め込む形でシャッフルマシーンが設置されていました。ディーラーはカードをシャッフルせずに2デッキを1ハンドごとに交互に使う形でゲームが進むのでゲーム進行が早かったのかなと。


ライブポーカーもここ2年ほど打ってきてかなり慣れてきた状態だったのですがそれでも早いと感じるくらいの進行スピードになっていました。


ストラドルは BTN・UTG 両方あった かな?? ちょっと記憶があいまいですが額は$4でした。韓国は1/2の時ストラドル$5でしたがここボルガータでは$4になっていました。


あとここボルガータは10人テーブルです。たまたま人が増えたから10人になったとかではなく普段から10人テーブルがデフォの様です。


韓国との違いとしてはそれくらいですかね。MAXが$300なのでそんなにディープな状況でもなく自分が知っているというか覚えたポーカーが実際に目の前で繰り広げられていました。




ちなみに自分はキャッシュゲームに断然MAX制限をかける派です。


通常のポーカーとヘッズアップのポーカーが別物の様にMAXが100BB~150BB程度に制限ありと制限無しのNo MAXだと全然別のゲームになると自分は思っています。




正直初めて韓国でキャッシュゲームしたとき自分が覚えたポーカーとは全く別のゲームが展開されておりドン引きしたので・・・




3時間経過後・・・

IMG_20190522_003801
最初の出だしで躓いてゲーム進行も早いということで正直どうかなと思っていたんですが魔の2時間も無難にこなして特に危ない場面なども無く3時間くらい打って$500チョイと珍しく順調にチップが増えておりました。


10人テーブルで自分以外全員白人の完全アウェーなテーブル。
1人だけ$1000近く持っているもののMAX $300ということで他は$200~$300前後でショートも数人といった状況。


チップリだけ避けながらタイトにゲームを進めて3時間。
皆強いは強いんだけどチップ量が拮抗しているせいか無茶なパワープレイを仕掛けてくるのはチップリのみなのでそこだけケアしとけばそんなに厳しい状況という訳でも無くむしろ自分が覚えて来たポーカーが忠実にテーブル上で再現されていたので逆にやりやすかった印象があります。


間違っても韓国の様にフロップ開いて$300オールインみたいな泥仕合は一切無かったのでそれこそ基本に忠実なABCポーカーでしっかり利益出せる感触でした。




そこからさらに2時間経過

IMG_20190522_020607
特に危なげも無く$600チョイまでチップを増やすことが出来ました。元々2倍になったら抜けるつもりだったのですがあっけなく達成。






あれ??







こんなにヌルくていいのか??w







自分が下手クソなのは一切変わってないのですがなんともスムーズにことが進み驚きましたがさすがに眠くなってきたということもありここで席を立ちました。






+$353(5.3h)






初アメリカ 初アトランティックシティ 初ボルガータ 初勝利!







アトランティックシティに到着してから一時はどうなるかと思いましたが最高の形で初日を終えることができました。




IMG_20190522_021628
鼻歌交じりにジットニー乗り場へ向かいます。
通常は6分間感覚で運行されているジットニーも深夜ということで20分ほど待ったのち乗車。




IMG_20190522_030050
真っ暗な恐怖の住宅街を走り抜けてハードロックホテルの前で降りました。さすがに眠気が限界に達しており部屋に着くなりベッドに倒れ込み長かった3日目が終了。




4日目

IMG_20190521_164408
なんだかんだで3~4時間くらいしか眠れず8時前に起床。
やっぱり部屋が広すぎて落ち着かない・・・


本日もボルガータに行ってポーカーする予定なのですが昨日見つけることが出来なかったバリーズのポーカールームに寄ってみることにしまいした。




IMG_20190522_091159
9時過ぎに部屋を出てボードウォークへ向かいます。




IMG_20190522_091354
平日の朝ということで歩いている人もほとんどいません。




IMG_20190522_091651
ハードロックホテルの隣にはオーシャンホテルが立地しておりここもポーカールームあるみたいです。


こうしてみるとスグ隣にあるように見えますが見えるだけでメチャクチャ距離あるので今回はスルーしときました。




IMG_20190522_091613
IMG_20190522_091801
途中で警察車両に遭遇。もちろんNYPDではなく地元のアトランティックシティ警察です。


バリーズに到着してカジノフロアに入るもやっぱりポーカールームは見当たらずスマホで調べてみると隣の Wild Wild West Casino がバリーズに買収されて同系列になっておりその中にポーカールームがあるらしいという事実が判明。


だから昨日 West がなんとかって言ってたのかと思いつつも Wild Wild West Casino の方も昨日見て回ったけどなと思いつつ再度カジノ内を探してみると・・・




IMG_20190522_094140
思いっきり奥のほうの分かりずらい位置にありました。ボルガータほどの規模はありませんが結構な数のポーカーテーブルが設置されています。




IMG_20190522_094031
IMG_20190522_094124
ただし24時間営業では無いようで普段はキャッシュが4~5テーブル立つ程度とのこと。取り敢えずポーカールームの場所は把握出来ました。


バリーズを後にして明日帰るときに乗るバスセンターの場所を確認し、昨日行ったマクドナルドに再訪。またしても黒人オンリーの店内で思いっきり浮きまくりながら食事を済ませて




IMG_20190522_104632
IMG_20190522_104846
再度バリーズまで戻りジットニーに乗車してボルガータカジノへ。




IMG_20190522_095627
IMG_20190522_104344
ボードウォークから1本目と2本目のストリートがアトランティックシティのメインストリート的な感じでそれとなく整備されていますがやっぱり住宅街の方とかはリアルGTA見たいな世界が広がっていました。






つづく

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

【名前】 ゴク
極私的blog 
管理人のゴク(@gokushitekiblog)です。
日常や海外旅行など独自の視点で思ったこと
・感じたこと・考えたことなどを気が向くままに更新しています。






PAGE TOP ↑