ロゼッタストーンを購入 ガチで英語を勉強し直します!!

公開日: 


rosettastone
仕事や海外旅行に限らず、英語はやっぱり出来たほうがいい!!という事はよく分かっているのですが、まったく話すことができないという人は多いのではないでしょうか??ええ、わたくしゴク(@gokushitekiblog)もその一人です。なにか手軽に英語を勉強できる方法は無いものかと悶々としていたところ、ソースネクストが4,980円でロゼッタストーンを販売というニュースをネットで経由で知り、これはもしかして英語をしっかり勉強するチャンスでは??と思いロゼッタストーンの英語(アメリカ)を購入することにしました。




ソースネクストがロゼッタストーン日本法人を買収

ロゼッタストーンは主にPCやタブレット端末などを使って外国語を学ぶという教材です。一時期テレビCMなども放映されていたこともあり、ご存知の方も多くいると思います。


実は自分も以前からロゼッタストーンの存在は知っており、一時購入寸前まで検討したことがありました。その時は7万円近くする価格にビビり、購入を断念、その後若干値下げされ5万円台で販売されていた時期にも再度購入を検討するもやはり価格が高すぎるという理由で断念した経緯があります。


ロゼッタストーン自体は日本のみならず、世界の多くの企業・学校・公的機関などで採用実績があり、それなりに評価が高い語学学習ソフトだということだったのですがやはり価格もそれなりに高いというのが最大のネックでした。




いつかはロゼッタストーン!!(`・ω・´)




って訳じゃないですけど自分の中でお金があれば購入してみたい英語教材No.1でした。


rosettastone2
そんなロゼットストーンですが、日本法人がソースネクストに買収されたようで、ソースネクストが日本国内でのロゼッタストーンの独占販売権を獲得、今後日本でロゼッタストーンを始め英語学習ソフトの販売を強化していく、とまあよくある企業買収のニュースだった訳ですがビックリしたのはソースネクストが発表したロゼッタストーンの価格です。




挑戦プライス 4,980円!!



全24言語 定価27,593円が 先着30万本 挑戦プライス 4,980円





最初見たとき ふぁっ!!!( ゚д゚ )ってなりました。




月額4,980円では無く、買い切りで4,980円です。
定価の5分の1以下w ちょっとあり得ない値段設定です。
挑戦プライスっていうレベルじゃないでしょこれw
7万円や5万円でロゼッタストーン買った人に喧嘩売るための挑戦プライスなんじゃないの??なんて勘ぐりたくなるレベルです。




詳しく見ていくと買い切りの4,980円というのは事実で、

・ダウンロード版が挑戦プライスの対象であるということ。
・売りのひとつでもあったネイティブ講師とのオンライン・レッスンは無し。
・ロゼッタストーンが展開している全24言語全てが4,980円ポッキリ

 

たとえばアメリカ英語 フランス語 中国語の3言語を購入しても15,000円のみ。3言語購入しても以前の価格には全然届かないというwww
こんな価格設定でほんとに大丈夫なのかと逆にこっちが心配になります。

 

 

価格破壊どころの騒ぎじゃないだろこれ
英語教材のLCCとも言っていいかもしれない
恐るべしソースネクスト・・・





7万円で失敗したら死ねるが4,980円なら大丈夫 かもw

一般論として、この手の英語教材って基本高額ですよね。
まずその時点で高いハードルがある訳です。


仮に頑張って高い価格の英語教材を買ったとしても、しっかりと継続して学習していくことができるのかどうか??という問題があります。


高いお金を払ったのでもう無理やりにでも最後まで続けるぞという強い意志を持って学習に取り掛かる訳ですがまあほとんどの人は続かない訳です。




英語教材に手を出した人の80%は途中で投げ出しているのではないでしょうか??






linguaphone
自分も遠い昔の学生時代に高額の英語教材を親に買わせて半年持たずにタンスの肥やしにしたという前科を持っています・・・






強い精神力と固い意志で英語教材をやり遂げたとしても実際に英語が話せるようになるかどうかは分かりません。






そもそもその高額の英語教材が本当に効果がある教材なのかどうかは実際に全てやってみないと分からないからです。

 

高額の英語教材を購入し鉄の意志で最後までやりとおした結果
英語が話せませんでしたじゃシャレになりません!!




しかし今回、ロゼッタストーンは挑戦プライス4,980円です!!
これなら低リスクで気軽に始められるかなと・・・
てか今まで価格が高すぎだった訳でもありますが





90年代に中高生だった人達の英語学習のやり方といえば・・・

自分が中学・高校生だった90年代は一般家庭においてのインターネット普及率は全然で、パソコンがある家のほうが少数派でした。当然我が家もパソコンはもちろんインターネット回線もありませんでした。
インターネットが無い時代に英語を勉強するにはとにかく辞書が必要になります。

jisyo
それも紙の辞書 英和辞典・和英辞典の2冊は必ず必要になります。教科書やテキストを載っている例文や問題文の中に分からない単語が出てきた場合、90年代までは必ず辞書を引くという行為を行う必要がありました。もちろん90年代でも電子辞書はありましたが値段が高いということもあり、クラス内でも電子辞書を持っている人はほとんどいないか、いてもごく少数だったと思います。


英語は外国語なので当然知らない単語がたくさん出てくるわけです。また学年が上がっていくにつれて難しい単語がバンバン登場して増えてくる訳です。英単語の意味を知る手段が辞書を引くこと以外に無い90年代は英単語一つ調べるだけで多大な労力と時間を必要としました。




また一生懸命英和辞典で単語を調べてもその英単語の発音は分かりません。
発音記号は書かれていますがはっきりいってよく分かりません。
学校の英語教師の発音は思いっきり日本語英語です・・・
そもそも学校の英語教師が実際に英語を喋れるのかどうかも怪しいレベル


もうこの時点で何が言いたいかお分かりだと思いますが




クソめんどくさい訳です




いちいち英和辞典を引っ張り出して英単語を調べるという行為が




しかも自分が通っていた学校は教室内に私物を保管しておくことは全面禁止という訳の分からない規則がありました。いわゆる置き勉禁止という謎ルールです。
机の引き出しやロッカーなどに教科書や体操服など一切の私物を残してはいけないというものです。
当然辞書なども毎日持って登校し、下校時もすべて持ち帰らないといけない訳です。

英語だけでも教科書・テキスト・英和辞典・和英辞典と凄い荷物になる上、他教科の教科書やテキスト類なども全て持って登下校しないと行かない訳です。国語の辞書とかもあるので毎日10キロ以上の荷物を持って登下校するというトラウマの様な日々を送っていました。




これで英語が好きになる訳がありません。
自分は中学の早い段階で英語が嫌いになりましたw




語学学習におけるITやインターネットの活用の可能性

インターネットやパソコン・スマートフォンが普及した現在では分からない単語がある場合、すぐに検索して意味を調べることができます。意味だけでなく発音や例文なども瞬時に知ることが可能です。

google translate
90年代までは1単語調べるたびに辞書を引いていたものが今では一瞬で完了です。




それ以外にも英語サイトは無数にあり、ブラウザの翻訳機能を利用すれば大まかな訳や意味などを無料で把握することができます。Youtubeをはじめとした動画サイトでは多くの動画があり、生の英語に触れることが可能です。また欧米で実際に流れているニュースをリアルタイミングでストリーミングすることもでき、最新のニュースをネイティブの英語で見ることができます。




90年代に同じ環境を揃えようとすれば多額に費用が必要になったであろうことが現在では無料で利用できます。
そういう意味では今現在、インターネットを利用していれば日本にいながらにして英語に囲まれた環境を作ることはそれほど難しことではありません英語の勉強においても90年代の受験生と現在の受験生ではインターネットを活用することで大幅な労力の削減・生の英語に触れる機会の増加が可能になっている訳です。






もし今、自分が中学・高校生だったらもう少し、英語が好きになっていたかもしれません。


少なくとも英語学習においてインターネットやITの力を活用することは絶対にプラスになると思います。

 

問題はどうやって上手く活用するかという点です。






自分自身のことを振り返ってみた場合、元々は英語嫌いでしたが・・・


・東京に出てきて一時期、外国人と接することが多い職場で働いて英語が出来ないという点で不便に思った経験や英語が出来る同僚に対してコンプレックスを抱いた経験、

・インターネットを利用するようになってから英語サイトや英文に触れる機会が多くなったという点。

・Google翻訳などの便利なツールによって分からない単語の翻訳などが簡単に調べられるようになった点。

・Youtubeなどで多くの英語動画を見られる環境が整ってきた点

・英語の勉強をする中で、ポーカーに出会った点

・(今のところ予定はありませんが)パスポートを取得したので英語圏への海外旅行する可能性

 

などなど、英語を習得するべき動機や環境などが揃ってきた感があった中・・・




今回のロゼッタストーン 4,980円

これはもうやるしかない!! 





語学学習教材の闇

とはいうものの、ロゼッタストーンを始めました!!というブログや動画は結構検索すれば出てくるんですが、ロゼッタストーンを全部やりました!!とかロゼッタストーンをやって英語が喋れるようになりました!!っていうのはほとんど見当たらないんですよね・・・


まあ、これはロゼッタストーンに限らず全ての語学学習教材に言えることですが、皆途中で挫折しているということでしょう・・・
教材が悪いのか学習者が悪いのか議論が分かれる部分でありますが、語学学習教材の闇ですねw

実際にロゼッタストーンを全部やって本当に英語が喋れるようになるのかは分かりませんが、ロゼッタストーンを全部やり遂げたというブログなり動画なりが出てこない以上、

 

じゃあ俺がやるわ!!(`・ω・´)

 

ということで、このブログでロゼッタストーンでの英語学習の内容や進み具合などを定期的にレポートして行こうと思います。


ほかの人達と同じように途中で記事の更新が止まることの無いように、鉄の意志で何とか最後までやり遂げたいと思っていますw


ロゼッタストーンと並行して日々の英語ニュースの視聴や英語のポーカー動画の視聴なども継続して行こうと思っているので、今までの生活に+ロゼッタストーンといった感じで無理のないペースで進めていこうと考えています。




目標

目標としては、とりあえず読み書きできなくてもいいから英語を喋れるようになる です。




一人で海外旅行をしてなにかトラブルが起きた際に、周りの人を捕まえて英語で会話してトラブルを自己解決できるくらいの英語力が当面の目標です。






TOEICの点数とかどうでもよくてとにかく日常会話をしっかりできる英語力を身につけたいと考えています。








もし、更新が止まったらその時は察してください・・・(´・ω・`)




※2018年6月 追記
自分が購入した時はダウンロード版だったんですがどうやらリニューアルされて英語を含む全24言語すべてが新方式のブラウザ版になりPCでもスマホでも場所を選ばず学習できるようになったようです。
それに伴い定価も9,800円に変更され、さらにセール価格が2,980円に変更されましたw



プロフィール

【名前】 ゴク
極私的blog 
管理人のゴク(@gokushitekiblog)です。
日常や海外旅行など独自の視点で思ったこと
・感じたこと・考えたことなどを気が向くままに更新しています。






PAGE TOP ↑