2018年9月 韓国旅行 part3

公開日: 



釜山3日目にしてあろうことかここパラダイスカジノ釜山のポーカールームの現場責任者(たぶん)であるグレた90年代前半の大江千里と同卓することになったゴク(@gokushitekiblogさん。相手は間違いなくここ釜山のラスボス・正真正銘のガチ勢です。駆け出しのにわかエンジョイ勢 VS 釜山のラスボスその勝負の行方は??
2018年9月韓国旅行 part2のつづきです。




全力で避けていたものの・・・

話が大きく逸れましたが本題に戻します。
予想外の出来事に戸惑いつつも本日は(実質)釜山最終日、夕方のボーナスバカラ一発勝負で大勝利したということでちょっと気が大きくなっているゴクさん、いつもより多い$400でスタート。


20:15分頃から5人でスタートしたもののやっぱりショートハンドは苦手ということで早く人増えろと呪文のようにぶつぶつ言いながらなんとかやり過ごしていました。


ただ途中で休憩というかテーブルにチップを残したまま10~20分くらいランダムに人が抜けているような状態だったので4人や3人でプレーする時間帯がかなり長く続いておりました。






正に地獄・・・







予想はしていましたがやっぱりグレた90年代前半の大江千里は慣れてる感じでテーブルを支配しだし、要所要所で強烈なベットを繰り出す等、普通に強い!!






コイツだけは絶対に相手にしちゃ駄目だ!!







ということでここ釜山での危険人物リストNo1に決定。


1時間経過して相変わらず5人以下の時間帯が長く続く苦しい展開だった訳ですが自分は珍しく無難にチップを増やし$520程度で推移しておりました。
相変わらず人が増える気配が無いままゲーム開始から1時間45分ほど過ぎたあたりで・・・




ゴク VS グレた90年代前半の大江千里(このポーカールームの現場責任者)

このハンドは5人だったかな??



1/2 NLH

大江千里がUTGからレイズ$15  1人降りて 自分 Jd J $45へ3bet 以下全員降りて大江千里コール 2人でフロップ

フロップ Ad 9d 2  相手 ハーフポット  自分 チェック

ターン 10d   Ad 9d 10d 2  

相手 チェック  自分 $50bet  相手 コール

リバー  4  Ad 9d 10d 2  4

相手 $170







$170って・・・







フロップでA落ちて嫌だなと思っていたらターンでフラドロになるも結局リバーで引けず・・・


フラッシュ引けなかったのはともかくまさかのターンでガッツリ$170打たれてしまいここから自分長考モード突入。


UTGから打ってきたからそれなりに強いハンドは入っていると思うんだけどフラッシュは持ってなさそうな感じっぽいんだけど・・・となると AXかペアあたりか??A当たっているのが濃厚っぽいんですがリバーでフラッシュ引けていれば・・・


仮にブラフだったとしてもちょっとコールするには額がデカ過ぎる・・・






ぐぬぬ・・・









自分 フォールド          相手の勝ち






このハンド終了後、グレた90年代前半の大江千里からHave you Ace?


と聞かれたので No, I had JJ. flash draw.


と答えたら Oh~ wwww てな反応が・・・(イラッ!!)


そのあと英語でもう一枚Aが出ていたらヤバかったぜw的なこと言ってたので最後の$170はブラフだった可能性が大!!






やってくれやがったなクソ野郎!!!!







本業がカジノのポーカールームの現場責任者で副業がポーカープレーヤー。






し か も







打ってる場所は自分の職場のポーカールームってそりゃ強いわな・・・
にわかエンジョイ勢の俺が勝てる訳ないだろ・・・( ゚д゚ )

そしてこともあろうにグレた90年代前半の大江千里はその直後に突如チップをプラスチックケースにまとめて席を離れる始末・・・






敵前逃亡ですか??







$500チョイあった自分のスタックはこの1ハンドのダメージにより$300前後まで削られてしまいました。




$100追加して続行

スタックを$400に戻し続行。


その後人も徐々に増えてきて1時間程度で満席になりました。
23時過ぎごろにはもう1台のテーブルもオープンして2テーブル稼働。読者の方からのコメントで情報は得ていましたが実際に自分の目でここ釜山のポーカールームで2テーブル稼働しているところを確認したのはこの日が初めてでした。
自分から大量のチップを奪って敵前逃亡した90年代前半の大江千里もどこからともなく戻ってきてあっち側のテーブルに着席。 もうこっちに来るな!
自分は向こう側に座った奴を恨めしそうに睨みつつプレー。


週末だけは人が増えたら2テーブルになるみたいです。




鍋奉行とか焼肉奉行って居るじゃないですか??

誰も頼んでないのに率先して鍋のとりわけや肉を焼く順番を仕切る人。
いわゆる○○奉行的な。皆さんの周りにも1人はいると思いますがポーカーテーブルにも居るんですよねこの手の人種が。


テーブル奉行 とでも言いましょうか・・・


1プレーヤーにも関わらず率先してほかのプレーヤーのテーブルマナーだったりベットの仕方、コールの仕方やアクションに対して目を光らせてる奴。
ちょっとでも違う行動なり違反などがあればすかさず指摘していくという・・・


それディーラーの仕事じゃね??的な部分までお構いなしにテーブル上の治安維持に精を出すプレーヤー。






まさにテーブル奉行







ディーラーよりもそのテーブル仕切ってる感がある奴。いますよね??こういうプレーヤーw


例えば無発声で本人はベットしたつもりがコールと判定されてディーラーに文句付けるとすかさず口をはさんでくるテーブル奉行w


「いやいや今のはコールだから、ここのルールだとコールだから」的なことをディーラーに代わって説明しテーブルの治安維持活動に余念がないテーブル奉行。


ここ釜山のポーカールームにもそんなテーブル奉行がいますw




釜山のテーブル奉行

歳は40代中盤から後半くらい かな
流暢なロシア語と韓国語それと片言の英語を話す韓国系ロシア人なのかな??
英語は片言だけどゴクよりは全然喋れる感じのオッサン。
以前にも何度か同卓したことがあるので多分ここ釜山のレギュラーだと思います。


初日に自分がブラインドチョップであんまり意味分かって無くてチップ周りでモタモタしているときに教育的指導を入れてきた片方のプレーヤー。
何故か知らんが一発で自分のことを日本人だと見破ったあいつですw


いつも$1000とか思いっきりディープな状態からスタートするこのテーブル奉行。この日も自分がほかのプレーヤーとヘッズアップでやりあっていてターンで大きなベットを打ったときにストリングスベットになってしまったんですがすかさずディーラーよりも先に「NO!! call. This is the strings bet!!
と言われ怒られましたw


プレーに関しては特段派手な部分なども無く教科書どおりというか無理に下ろしにかかるとかいうパワープレーもすることなく堅実的な感じなんですけどポーカー自体よりもテーブル上の治安維持に命をかけているタイプというか、物腰も柔らかい感じなんで全然イヤな奴とかじゃないんですけどとにかく細かいんですよね、指摘がw


まあ彼の言っていることは全部正論なんで別にいいんですけどなんというかほかのプレーヤーのことをじっくり観察してるかんじで隙あれば指摘する的な なんかそんなタイプのプレーヤーです。


グレた90年代の大江千里が居なくなってからなんどかこのテーブル奉行とやり合う機会がありまして・・・




ゴク VS テーブル奉行

見てるとあんまりアグレッシブにガンガン打ってくるタイプのプレーヤーでも無いんでプレーの方はおとなしいのかななんて思いながら打ってたんですが何度かポーカー奉行とリバーまで打ちあうハンドがありました。
こっちがKJでフロップがK 5 J 3 8とかのトップ2ペアで自分がリバーでポットの8割とか同額とかがっつり打つ訳ですよ。でいつもならテーブル奉行はすぐ降りるんですが長考の末2倍のリレイズを打ち返してきて・・・

ボードはフラッシュ・ストレート両方無しみたいなやつでまあトップ2ペアで勝ってるでしょと思ってコールすると55とか出てきたり。


自分JTでボードJ 3 T 3 6
逆にこっちにポジションがありトップ2ペアで同じようにリバーでテーブル奉行がポット同額とかのデカいの打ってきてコールしたらQQとか


自分セット出来てリバーでガッツリ打ったらコールされてテーブル奉行フルハウスとか




この日は対テーブル奉行のショーハンドまで行った勝率はまさかの0%






全敗・・・







普段おとなしいんですけど次からはテーブル奉行がリバーでガッツリ打ってきたら素直に降りようと思います・・・




気づいたら$650も入れていた・・・

チップを失う都度リバイしてスタック量を戻して行ったのですが気づけば合計で$650出しており・・・





$650も出したのに目の前にあるチップは$300前後。


なんとかプラマイゼロまでには戻したいところ。
テーブル奉行は論外としてそれ以外にカモれそうなプレーヤーは・・・


自分のすぐ左隣に座っているベトナム人。途中から参加してきてチップ周りがおぼついてないというかショーダウンまで行って勝ってるのに何故自分が勝ったのか分かっていない・なぜそのハンドでオールインした??みたいな感じで既に1度全部失って再度リバイしてる・・・






相手にするならコイツだなw







ということでこのベトナム人から1発かましてやろうと思ったのですが・・・




ゴク VS ベトナム人

 

1/2 NLH

BTN ストラドル$5  自分AQs SBから$20ベット  3人コール

フロップ A K 9   c2枚

自分 45bet BB コール 他フォールド

ターン Jc

自分 130bet  相手 コール

リバー 4 c

自分 オールイン  相手コール



コールされた瞬間負けを確信してフラッシュ完成してたんですね 申し訳ございませんでしたと・・・






相手  KJo ノークラブ







フラッシュ完成した風のオールインだった訳ですがただの2ペアで最後まで付いてきた挙げ句オールインにコールしてんじゃねーよ!!
フラッシュ怖くなかったのかよ??






盛大にブラフ失敗して散りました・・・     -$650(5.5h)






コールされた瞬間・・・






頭真っ白







IMG_20180915_025134
泣きながらホテルに帰りました・・・




最終日に大負け・・・

で、部屋に戻って2時間くらい自己嫌悪に陥りつつもなんとか正気を取り戻し
今回の旅行全体の収支を計算することにしました。




ポーカー



1日目  +$140
2日目  +$133
3日目  -$650





ボーナスバカラ1発勝負



+$390








トータル収支





$140+$133-$650+$390=+$13







お、おう・・・







まさかの+1,300円勝ち






お、俺まだ負けてねーし(強がり)
まだやれるから!!







一応計算上はなんとかプラスになっていますが肝心のポーカーのみの収支ではボロ負けなのでなんの解決にもなっていません。今回はたまたま運が良かっただけでボーナスバカラ1発勝負が無ければほんとに酷いことになっていました・・・(恐怖)


単純に自分のポーカーの実力が無いことが全ての原因ですが3日目の90年代のグレた大江千里に負けた分がノーカウントにしてよ・・・(´;ω;`)


あれはマジで予想外だったわ
まさか普通に自分のカジノでポーカー打つんだもんありえねーよ・・・




飲めないビールを大量に飲んで不貞寝してこの日は終了・・・




そして帰国日

最終日にボロ負けという最悪な結果で帰国日を迎えました。
今回の旅行中ずっと天気が悪かった訳ですがホテルをチェックアウトして外に出ていると




IMG_20180916_095728
IMG_20180916_100125

真っ青な空 完璧なる快晴





おいこら!!

なんで最終日に綺麗に晴れてんだよ!!(激怒)







天気も散々でポーカーも散々だった今回の旅。
負け犬のスーパーフィッシュは泣きながら日本へ帰って行きました。


てかポーカーだけで見ると釜山での成績はちょっと笑えなくなってくるぐらいのマイナスになってきたんですけど・・・
個人的には釜山と言うか海雲台エリアに限って言えばソウルより好きなのでここをホームに海外ポーカーしていこうかなと考えていた矢先にこの仕打ち。






ぐぬぬ・・・






Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

【名前】 ゴク
極私的blog 
管理人のゴク(@gokushitekiblog)です。
日常や海外旅行など独自の視点で思ったこと
・感じたこと・考えたことなどを気が向くままに更新しています。






PAGE TOP ↑