これまでの旅行歴

公開日: 


ryokou

皆さんは年に何回くらい旅行に出かけますか??
自分は年に何回どころかこの10年振り返ってみても旅行した記憶がありません。




山手線の左側半分でかつ環七通りの内側エリア

10年前というと自分は東京に住んでいて、毎日バイトの日々を送っていました。地方から上京して一人暮らしのアルバイト生活だったので毎日の生活がやっとで旅行に行くという発想がそもそもなかったというのが正確なところです。


また地方から東京に来た人間としては東京で暮らしているということ自体が言ってみれば旅行みたいな感じでもありました。知らない街で生活していろいろなスポットも多く、仮にお金に余裕があっても、どこかに旅行に行くという動機付けにはなかなかならなかったかもしれません。


改めて振り返ってみると23区内からもあまり出なかったような感じでたま~に横浜方面や浦安方面に行く機会を除けばほぼ23区内で生活をしていたことになります。



東京には10年間住んでいましたが調布や府中、立川や多摩方面は行ったことがないでのよくわかりません。


山手線の右側半分もほとんど行く機会がなかったと思います。
もう少し分かりやすく説明すると、




tokyo-map
山手線の左側半分でかつ環七通りの内側でほとんどの時間を過ごしてきたことになります。




唯一、東京を離れた期間

この10年の間に唯一、東京を離れた期間があります。
それは東日本大震災後からの1カ月です。


もともと上記のとおり、山手線の左側半分でかつ環七通りの内側エリアから出ることなく生活してきた人間なので、旅行に必要な用品なども一切持っていませんでした。(これを書いている時点でもほぼ持っていっません)


ここで今更説明する必要もないと思いますが、東日本大震では東京都内も大きく揺れ、本震の後も断続的に余震が続く状態が継続していました。また福島第一原子力発電所のニュースなども大きく報道されており、個人的にも不安感MAXな状態でした。


自分はその年の2月に勤務していた仕事を退職しており無職だったのでとりあえずフリーな状況であるという点と余震が収まりそうにない点、あと原発の状況がよくわからないという状況だったため、実家に一時帰省することにしました。


ただし、突然帰省することを決めた、とりあえず飛行機のチケットだけネットで予約した、という状況だったのでほぼ準備なしで着の身着のまま帰省することになりました。
実家に帰るだけなので特に着替えや洗面用具なども持っていく必要はないだろうということで財布と携帯とノートPCだけ持って帰省することにしました。
当然、ノートPC用のバックなどというものは持っておらず、




2f553948-5723-442d-bdc8-aa1b94484a6c
このようなトートバックに洋服を緩衝材代わりにしてノートPCを持って帰りました。




飛行機も10年近く乗ってなかったのとノートPC持って搭乗するのも初めてで予備知識がなく、保安検査で洋服でぐるぐる巻きにしたノートPCを出すという恥ずかしい経験をした記憶があります。


結局、実家には1カ月ほど滞在してまた東京へ戻った訳ですがその時に痛感したのが、旅慣れてない自分というものでした。普通なら急な旅行や出張などでもそれなりの準備をしてスマートに出発するのでしょうが、スーツケースすら持ってない自分にとっては無理な話で、これから少しずつ揃えていこうなどと帰りの飛行機の中で考えていましたが東京に戻るとまた山手線の左側半分でかつ環七通りの内側エリアから出ない普段の生活に戻り、パスポートを取った今日まですっかり忘れておりました。


と、いうわけで10年で旅行??といえるものを1度しか経験していない自分が今回パスポートを取ったということは自分の中では大事件な訳です。


ほぼ旅行をしない人間がパスポートを取った場合に考えられる点として、




1~2回海外旅行してそれっきり・・・





というのが陥りやすい一番のパターンではないでしょうか??


実際、パスポート持ってるけど数えるほどしか海外旅行していない、とか1~2回行って興味が無くなったみたいな人って多くいると思います。


有効旅券として統計上はカウントされているけど、実際には「死んでる旅券」 みたいな


薄々自分もそうなりそうな予感がしているので、とくに旅行ブログという訳ではないのですが、色々なことをちょこちょこと書くことができる場所が欲しくて、この極私的blogを作りました。




現在の状況

現在は東京を離れて、細々と自営でなんとかやっています。
以前に比べて、お金の余裕がないのは一緒ですが、時間的な余裕や融通は利くので、行ける範囲から色々なところに行きたいなと考えています。


東京にいた頃は周りではかなり多くの人が海外に行っていてうらやましかったのを覚えています。また今まで海外に行ったことが無いというのも少しコンプレックスに思っていたのも事実です。


山手線の左側半分かつ、環七通りの内側から出ない生活の中でも海外に行きたいという思いはそれなりにありました。(特にアメリカ)


グーグルマップを見るのが好きで、ストリートビューを初めて利用した時は凄く衝撃を受けた思い出があります。


現在では日本国内に限ってみてもストリートビューで見れる範囲は郊外エリアにも広がっており、かつ高画質の画質で隅々まで見ることができます。海外も国によって見れないところもありますが先進国はおおむね隅々まで見れるようになっています。自分が行きたいなと思っているアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなどもストリートビューで街並みを見ることができます。


またyoutubeなどで都市を検索すると数多くの動画を見ることができ路線などにもよりますが、LCCの世界的な台頭で以前に比べて安く海外に行くこともできるようになってきています。


HISみたいな格安海外旅行のツアーやホテル予約サイトなどの登場などもあり、ここ数年来で海外旅行が身近になってきているという状況もあり、山の手線の左半分かつ、環七通りの内側からでない男 ゴクの海外旅行デビューにも環境が整ってきたのでは??と個人的に勝手に解釈しています。






このビックウェーブに乗るしかない!!的な感じで勢いに任せてパスポートを取りましたが、これで終わらないようにしたいなと考えています。


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

【名前】 ゴク

ポーカー 英語 米国株 旅行 ガジェット関連などが守備範囲。最近は1人で海外ポーカー旅行するのがマイブーム✈



















PAGE TOP ↑