【2020年5月】ブリティッシュ・アメリカン・タバコから配当【BTI】

公開日: 


米国株勢の皆さんこんにちは ゴクです。
今月は極私的ファンドのもう一つの投資先であるブリティッシュ・アメリカン・タバコ【BTI】の配当月ということで今回も無事に配当金が支払われたのでいつものようにその報告と直近の株価の動きや簡単なチャート分析などを行っていきたいと思います。




ブリティッシュ・アメリカン・タバコから配当が出ました






1株あたり0.642ドル 50株保有なので25.61ドル(税引後)の配当が入金されていました。


今回も前回の入金額と比較して若干変動しているのは為替の影響だと思われます。また前回と同様にADR手数料として0.25ドルが徴収されていました。


BTIに関しては特に追加購入や売却なども行っておらず前回の配当入金からそのまま放置して今回の配当入金日を迎えた状況です。




直近のブリティッシュ・アメリカン・タバコ 株価の動き




前回更新した時が43.63ドル。とりあえず節目の40ドルちょうどの水準を超えて40ドル台に定着しさらに上値を伸ばす展開かと思いきや・・・


新型コロナウイルスの世界的な流行により全世界株安の流れにBTIも逆らえず40ドル台定着どころか一時30ドルちょうどの水準も下抜ける怒涛の下げ相場が続いておりました。


3月4月と厳しい局面を乗り越えて足元では一旦リバウンド的な感じで38ドル台まで戻って来たものの依然予断を許さない状況が続いております。


今のところはきちんと配当を出してくれているので取り敢えず保有している訳ですが言いかえればそれが無ければさっさと手放してしまいたいというのが本音で日々の値動きが激し過ぎて見ていられないというのが正直なところです。




ブリティッシュ・アメリカン・タバコのチャート分析




改めてチャートを眺めてみるとちょうど前回2月の更新時の46ドル台が直近の高値になっておりBTIにとっては今後の命運を分ける分岐点的な水準だった訳ですが運悪くいうか絶妙なタイミングでコロナショックの直撃を受け一気に暴落して上昇シナリオ崩壊。


一気に30ドル台を割り27ドル近辺まで下落と一時は目も当てられない状況でしたが5月に入ったあたりから少し落ち着いてきて戻してきたといったところでしょうか。


一言で言うと素直にチャートの形が悪いですよね。このあとまた40ドル台乗せても結局また45~46ドル台あたりが上値の抵抗線として意識される訳で・・・


この水準を抜けるにはかなり大きな材料でも無いと厳しそうだなというのが個人的な感想です。




業績における新型コロナウイルスの影響

BTIの株価に多大なる悪影響を与えている新型コロナウイルス。
世界的な株安を受け今後の業績に暗い影を落とすのかと思いきや・・・







在宅勤務が世界的なトレンドになる中、タバコの売り上げが各国で堅調に伸びているとのこと。


日本以上に屋内喫煙の規制が厳しい海外ですが多くの企業で在宅勤務が行われ普段自由にオフィスで吸えない喫煙者がここぞとばかりに自宅で自由に喫煙しその結果タバコの販売量が増加というニュース。


にわかに信じがたい話ですが3月中旬に発表されたBTIの決算も概ね好調だったようで足元の業績についてはひと安心の様です。




ブリティッシュ・アメリカン・タバコ株に対する今後の方針



引き続き継続保有しながら配当を貰い続ける方針に変更はありません。


ただし当面追加購入する予定も今のところはありません。
一応タバコ株もディフェンシブ銘柄のはずなのですが予想以上に値動きが激しすぎて見ているだけで精一杯・・・


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

【名前】 ゴク

ポーカー 英語 米国株 旅行 ガジェット関連などが守備範囲。最近は1人で海外ポーカー旅行するのがマイブーム  ✈



















You cannot copy content of this page

PAGE TOP ↑